咳 喘息 息切れ 咳が長引く たんが出る 息が苦しい 咳と胸やけがする

  1. トップ
  2. 症状別にさがす
  3. 咳・喘息・息切れ
咳・喘息・息切れ

咳が長引く たんが出る
息が苦しい 咳と胸やけがする

咳が長引く

風邪(上気道炎)のあと、長く咳がつづく場合があります。風邪をひいて、3週間くらいまで続く咳は、風邪症候群後咳嗽(かぜしょうこうぐんごがいそう)と言い、いわゆる風邪のなごりです。

しかし、3週間をこえる咳の原因には、マイコプラズマ肺炎や、咳喘息、後鼻漏(こうびろう)、アトピー咳、気管支喘息、結核、肺ガンなどが、かくれていることがあります。特に、8週間をこえる咳については、要注意です。

咳が長く続く場合は、一度、呼吸器科の受診をお勧めいたします。

痰(たん)が出る

痰の色が、黄色や灰色のときは、気管支炎・肺炎などがあります。
また、赤い痰が出るときは、肺ガンや気管支拡張症などの病気があります。
鼻水が喉に流れ落ちて、口から透明な痰として出てくることがあります。
これは後鼻漏(こうびろう)といい、喉頭を刺激して、咳を起すことがあります。

息が苦しい

喘息は気管がせまくなり、それによって呼吸が苦しくなります。息をするときに、
ゼーゼー・ヒューヒューという音が聞こえることがあり、横になると息苦しさが増します。
やせて胸が薄い方は、気胸(ききょう)といって、肺が破れる病気があります。症状は急に息苦しくなり、胸が痛くなります。
また、女性に多く見られる貧血も、重症になると息切れが生じることがあります。

咳と胸やけがする

胸やけの原因の多くは、逆流性食道炎で、胃の入り口の筋肉がゆるくなり、胃液が食道に逆流します。
胃酸は強い酸なので、食道をあらし、胸やけを起します。
また、夜間、胃液が口まで上がってくることがあり、その様な時は、突然の咳を生じます。

お問い合わせ