逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)

  1. トップ
  2. 診療科目
  3. 消化器科
  4. 逆流性食道炎
逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、胃酸が食道へ逆流する病気です。胃酸は強い酸性のため、その結果、胸痛、胸やけ、咳が出ることがあります。これらの症状は、喘息や、狭心症、心筋梗塞と似ています。このような症状がある場合は、精査する必要があります。
逆流性食道炎の場合、治療は、胃酸をおさえる薬を、症状にあわせて服用します。

お問い合わせ