潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍) ピロリ菌

  1. トップ
  2. 診療科目
  3. 消化器科
  4. 潰瘍
潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)(かいよう)

潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)

胃酸の分泌が多かったり、胃や十二指腸の粘膜が弱ったりすると、潰瘍が出来ます。また現在では、ヘリコバクターピロリ菌も、原因のひとつと考えられています。
潰瘍が悪化すると、腹痛がひどくなり、便が黒く、まるでイカの墨のようになります。また更に悪化すると、胃や十二指腸に穴があき、緊急手術となることがあります。
以前に、潰瘍と診断された方が、このような症状がある場合は、早めの受診と検査をお勧めします。

ヘリコバクターピロリについて

ピロリ菌胃の胃液は強い塩酸のため、胃の内部には、元来菌は存在できないと言われていましたが、1983年にオーストラリアの医師たちが、自らウレアーゼ酵素をまとい、胃液より保護されたピロリ菌を発見しました。
そのピロリ菌は現在までの研究で、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍を起こす原因とされております。

また近頃では、ピロリ菌陽性の人は、ピロリ菌陰性の人に比べ、胃ガンの発生率が10倍以上との報告もあります。
胃のもたれ・胃痛などがある方や、健診の結果で指示のある方は、一度ピロリ菌の検査をお勧めします。
検査方法は、尿素呼気検査といい、吐き出した息の中の尿素を調べて、感染しているかどうか検査する、痛みのない簡単な検査です。

お問い合わせ