潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)

胃酸の分泌が多かったり、胃や十二指腸の粘膜が弱ったりすると、潰瘍が出来ます。また現在では、ヘリコバクターピロリ菌も、原因のひとつと考えられています。
潰瘍が悪化すると、腹痛がひどくなり、便が黒く、まるでイカの墨のようになります。また更に悪化すると、胃や十二指腸に穴があき、緊急手術となることがあります。
以前に、潰瘍と診断された方が、このような症状がある場合は、早めの受診と検査をお勧めします。

ヘリコバクターピロリについて

ピロリ菌

胃の胃液は強い塩酸のため、胃の内部には、元来菌は存在できないと言われていましたが、1983年にオーストラリアの医師たちが、自らウレアーゼ酵素をまとい、胃液より保護されたピロリ菌を発見しました。
そのピロリ菌は現在までの研究で、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍を起こす原因とされております。

また近頃では、ピロリ菌陽性の人は、ピロリ菌陰性の人に比べ、胃ガンの発生率が10倍以上との報告もあります。
胃のもたれ・胃痛などがある方や、健診の結果で指示のある方は、一度ピロリ菌の検査をお勧めします。
検査方法は、尿素呼気検査といい、吐き出した息の中の尿素を調べて、感染しているかどうか検査する、痛みのない簡単な検査です。

お問い合わせ

一般ダイヤル03-3245-2800健康専用ダイヤル03-3245-2822

診療時間

各科診療時間(詳しくはこちら

午前 9:30-13:00 / 午後 14:30-17:00

※水曜午後は訪問診療です。
診療は予約制です。詳しくはこちらをご覧下さい。
保険証をご持参下さい。
土日祝日/夏季/年末年始は休診です

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビルB1F

丸の内線・半蔵門線・千代田線・三田線・東西線・JR線
大手町駅下車 徒歩すぐ
大手町駅出口 E1またはA4
サンケイビルの入り口よりエスカレーターにて、B1Fフロアーまでお越し下さい。