» 感染症予防の取り組みについて

2020/05/01

感染症予防の取り組みについて

カテゴリー: お知らせ, コラム, 内科 東京 — 渡邊内科 @ 12:00 AM

当院では院内感染予防のため
新型コロナ感染症の検査は行っていません。

当院は引き続き、感染症予防の取り組みを続けています。
患者様にも安心していただけるための取り組みですので、
ご理解、ご協力のほど、宜しくお願いいたします。

1.飛沫防止 待合室に飛沫感染防止のアクリル板を設置。
2.混雑緩和 診察・健診ともに、完全予約制で、混雑緩和。
3.空調確保 給排気空調装置にて、常に新鮮な空気の確保
4.感染対策 手指消毒設置。非接触性の体温計での測定実施。
5.予防対策 全スタッフの、1日3回の体温測定マスクとメガネの着用。
6. 消毒実施 1時間に1回の院内消毒実施。
7. テレワーク実施 電話・オンライン診療の実施。

コメントはまだありません

医師紹介

医療法人社団 渡邊内科
理事長 院長 渡邊 龍彦(わたなべ たつひこ)

プロフィール

医師
1952年
東京生まれ
1978年
北里大学医学部卒業
1979年
同大学胸部外科入局
榊原記念病院心臓外科
1986年
上尾中央総合病院外科
1993年
森下記念病院副院長
2005年1月11日
大手町サンケイビル地下1Fに「渡邊内科」を開院
2009年 4月1日
「医療法人社団 渡邊内科」に組織変更 理事長就任

所属学会など

医師
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本外科学会認定医
  • 日本胸部外科学学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会所属
  • 日本呼吸器学会所属
  • 日本循環器学会所属
  • 日本慢性咳嗽研究会所属
  • 元 千代田区医師会理事

医師: 仁藤 裕子

プロフィール

医師
1995年
聖マリアンナ医科大学 卒業
1995年
JR東京総合病院内科 勤務
1997年
JR東京総合病院内科 内分泌(糖尿病・脂質代謝・甲状腺)神経・血液内科 勤務
2001年
聖マリアンナ医科大学博士号取得
2019年
渡邊内科 金曜日外来を担当
内科一般 胸部疾患 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症(痛風) 甲状腺疾患(バセドウ氏病、橋本病等)

所属学会

  • 日本胸部疾患学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本産業衛生学会
  • 日本衛生学会

コメントはまだありません。