• コロナ後遺症について 検査などおこなっています

    コロナ感染後1ヶ月以上経過された後で、だるさ・息切れ(息苦しさ)・胸痛・動悸が続いたり、咳やたんが続く方に対して、検査を行っています。頭痛・不眠・下痢・腹痛・ブレインフォグ(頭がモヤモヤする・集中力低下)・脱毛・食欲不振の症状が出る方もいます。検査は、採血検査にて体の中の炎症の有無や、肝臓や腎臓等の状態の確認、また血栓などの有無を調べます。心電図検査やレントゲン検査、超音波検査が必要な方もいます。その方の症状にあわせた検査と治療をおこなっています。診療の予約をWEBでお取りいただくか、03-3245-2800までお気軽にご連絡ください。担当 杉木孝章医師・仁藤裕子 医師

  • 団信 団体信用生命保険の健康診断書について

    団信 団体信用生命保険の健康診断書について。(すべて税抜表示)

    団体信用生命保険 健康診断書 基本セット金額7,000円(税抜)
    (採血が無い場合は、5,000円(税抜)となります。)

    午前受診で、受診日当日の16:30以降お渡しいたします。
    (午後受診は、受診日翌日10:00以降お渡しが可能です。)

    事前予約をお願いします。オンライン予約は1日前まで可能です。
    当日の予約は、03-3245-2822までご連絡ください。
    指定用紙への記入が可能です。ご本人用の控え分としてコピーをお渡ししています。

    24時間オンライン予約受付中

    当日は受診時間の6-8時間前から食事を中止してください。
    水分を十分とって来院ください。必ず記入用紙をお持ちください。
    (専用封筒がある場合は封筒もお持ちください。)

    上記オンラインもしくはメールにてお申し込みください。
    yoyaku★drwatanabe.com(★印を半角@マークに変えて送信)
    件名 団信健診申込 氏名
    ①氏名(漢字・カナ)②生年月日③希望受診日・時間④連絡先電話番号⑤郵送希望の有無

    団信 団体信用生命保険 健診基本セット(7,000円)に含まれるもの

    • 診察(問診・内科診察・自覚症状・他覚症状・既往歴)
    • 身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)
    • 一般測定(血圧)
    • 採血
      貧血検査(赤血球・白血球(WBC)・血色素量(ヘモグロビン)・ヘマトクリット・血小板(PLT))
      肝機能(GOT(AST)・GPT(ALT)・γ―GTP・ALP)
      血中脂質(総コレステロール(TC)・HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪(TG トリグリセライド))
      空腹時血糖(FBS BS)・クレアチニン・e-GFR
    • 尿検査(尿糖・尿蛋白・潜血・ウロビリノーゲン)

    オプション検査項目

    • HCV抗体検査3,000円※
    • HBs抗原検査1,500円※
    • HbA1c600円
    • 尿酸120円
    • 心電図1,500円
      (※項目がある場合は、翌日10:00以降のお渡しになります。)

    郵送希望の場合、500円(税抜)で承ります。
    郵送は日本郵便のレターパックライトにてご希望の場所にお送りしています。
    郵送先はご本人にて記入していただきます。インターネットにて配送状況が追跡可能です。

    代理の方が取りに来る場合は、事前に代理の方のお名前を窓口にお伝えください。
    また代理の方は受け取りの際に、身分証明書をご提示ください。

  • 咳喘息について

    風邪は治ったのに、痰を伴わない咳だけが長い間続いたり、電話の時に急に咳き込んだりすることはありませんか?
    またそうした症状が、せき止めなどの薬を飲んでも効かず、2~3週間続くことはありませんか?

    この様な場合は、咳喘息の可能性があります。喘息というと、息を吸うとゼーゼーというような呼吸困難が、多くの場合にみられますが、咳喘息には、そのような症状はありません。原因自体は不明で、最近非常に増えている病気の一つです。

    診断も、レントゲン写真や血液検査では、困難なことが多いのが特徴です。特有な所見がないために、治療によって診断が出来る場合が多いです。咳喘息は、約30%は喘息に移行するといわれております。風邪をひいたあとに、咳が長く続く場合は、一度、呼吸器科の受診をお勧めいたします。

  • 高血圧の治療・検査を行なっております。

    健診や診察時に血圧が高い場合は、緊張して血圧が高くなることがあります(白衣高血圧)。本当に高血圧か否かを知るためには、まず詳しく検査をすることが重要です。

    高血圧を放置しておくと、大変危険です。ふだん何も症状がなくても、ある日突然、脳出血や脳梗塞、狭心症や心筋梗塞を引き起こす場合があります。また高血圧で動脈硬化が進むと、腎不全や、解離性動脈瘤を引き起こす場合があります。早めの受診・検査をお勧めします。お気軽にお問い合わせください。03-3245-2800。

  • くりかえす下痢便秘

    大事な会議の前や、通勤の途中に腹痛を感じ、下痢をしたり、ストレスを感じたあとに、便秘や下痢をくりかえす方は、過敏性腸症候群の可能性がありますが、こういった症状は、 大腸ガンや特殊な腸炎の症状でもあるため、まずは精密検査を受ける必要があります。お気軽におといあわせください。03-3245-2800。当院の担当は杉木孝章医師です。

  • 動悸について

    動悸について- その検査方法・・・・ホルター心電計

    忙しい毎日の中で、時々胸がどきどきしたり、胸が痛かったりすることはありませんか? このような症状がある時は、そこに重大な不整脈や狭心症などが隠れていることがあります。症状が起きたときに、そこに心電図があり直ぐに検査出来ればよいのですが、なかなか、そうはいきません。

    ホルター心電計とは、24時間、心電計を体につけて、一日中の心臓の動きを調べる検査器です。検査データでは、何時どのような不整脈があったか、または、狭心症発作があったかがわかります。ホルター心電計は小型で、一日中付けても負担を感じません。もし、何らかの動悸、胸痛またはめまいを感じるようでしたら、重大なことになる前に、一度24時間心電計検査(ホルター心電計)をお勧めいたします。

  • 処方箋の送付について

    当院にて定期的(1ー2ヶ月に1回)に高血圧、糖尿病、痛風、喘息、慢性胃炎等で治療されている方の、
    処方箋発行や薬局へのFAX送付、診察や検査の延期を、随時行っています。

    03-3245-2800(渡邊内科)に電話して、お名前、生年月日、ご希望をお伝えください。

    ◆処方箋のFAX送付とお薬の受け取りについて
    1.まず、お薬を、どの薬局で受け取るかを決めてください(いつものかかりつけ薬局、自宅近くの薬局など)。
    2.薬局が決まりましたら、その薬局のTEL&FAX番号を手元に置いて、渡邊内科に電話して、処方箋発行の希望をお伝えください(03-3245-2800)。
    3.渡邊内科から、薬局に処方箋をFAXいたします。お薬の受け取り等、詳しいことは、薬局の担当者とのお話し合いになります。
    お薬の受け取りの仕方、宅急便での自宅配送が可能かどうかなどは、薬局の担当者とのご相談になります。

  • 感染症予防の取り組みについて

    当院では院内感染予防のため
    新型コロナ感染症の検査は行っていません。

    当院は引き続き、感染症予防の取り組みを続けています。
    患者様にも安心していただけるための取り組みですので、
    ご理解、ご協力のほど、宜しくお願いいたします。

    1.飛沫防止 待合室に飛沫感染防止のアクリル板を設置。
    2.混雑緩和 診察・健診ともに、完全予約制で、混雑緩和。
    3.空調確保 給排気空調装置にて、常に新鮮な空気の確保
    4.感染対策 手指消毒設置。非接触性の体温計での測定実施。
    5.予防対策 全スタッフの、1日3回の体温測定マスクとメガネの着用。
    6. 消毒実施 1時間に1回の院内消毒実施。
    7. テレワーク実施 電話・オンライン診療の実施。

一般ダイヤル03-3245-2800健康専用ダイヤル03-3245-2822

診療時間

各科診療時間(詳しくはこちら

午前 9:30-13:00 / 午後 14:30-17:00

※水曜午後は訪問診療です。
診療は予約制です。詳しくはこちらをご覧下さい。
保険証をご持参下さい。
土日祝日/夏季/年末年始は休診です

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビルB1F

丸の内線・半蔵門線・千代田線・三田線・東西線・JR線
大手町駅下車 徒歩すぐ
大手町駅出口 E1またはA4
サンケイビルの入り口よりエスカレーターにて、B1Fフロアーまでお越し下さい。