» お知らせ

2018年3月3日

過労・疲労 体調不良について

Filed under: お知らせ,コラム — drwt @ 10:02 AM

残業や休日出勤が続いて、ゆっくり休みをとれない日々が続くと、
過労・疲労によって、免疫力が低下します。
さらに、ストレス、食事の偏り、不眠などによってさまざまな症状が起こります。
当院では、さまざまな体調不良の原因を、精密検査によって調べて
治療を行っています。

主な症状:つかれが取れない・だるい・のどが腫れる・口内炎・微熱・関節痛・脈が飛ぶ・胸の圧迫感・動悸

2015年4月9日

院長が表彰されました

Filed under: お知らせ,コラム — drwt @ 12:00 AM

2015年3月13日に開催されました千代田区政68周年記念日において、
多年にわたる区政伸展(保健衛生)の貢献に対し
渡邊龍彦院長がこれまでの功績を表彰されました。

2015年2月10日に開催されました東京逓信病院開院77周年会において、
病院の発展と地域医療の貢献に対し
渡邊龍彦院長がこれまでの功績を表彰されました。

2013年4月1日

ピロリ 菌の検査について

Filed under: お知らせ,コラム — drwt @ 9:00 AM

胃の胃液は強い塩酸のため、胃の内部には、元来菌は存在できないと言われていましたが、
1983年にオーストラリアの医師たちが、自らウレアーゼ酵素をまとい、
胃液より保護されたピロリ菌を発見しました。

そのピロリ菌は現在までの研究で、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍を起こす原因とされております。
また近頃では、ピロリ菌陽性の人は、ピロリ菌陰性の人に比べ、胃ガンの発生率が10倍以上との報告もあります。

胃のもたれ・胃痛などがある方や、健診の結果で指示のある方は、一度ピロリ菌の検査をお勧めします。

検査方法は、尿素呼気検査といい、吐き出した息の中の尿素を調べて、感染しているかどうか検査する、
痛みのない簡単な検査です。

検査は予約制です。検査前には、食事の制限や、水分接種の制限が あります。
検査をご希望の方は、一度、電話にてお問合わせください。

2010年5月5日

動悸について

Filed under: お知らせ,コラム — drwt @ 9:00 AM

動悸について- その検査方法・・・・ホルター心電計

忙しい毎日の中で、時々胸がどきどきしたり、胸が痛かったりすることはありませんか? このような症状がある時は、そこに重大な不整脈や狭心症などが隠れていることがあります。症状が起きたときに、そこに心電図があり直ぐに検査出来ればよいのですが、なかなか、そうはいきません。

ホルター心電計とは、24時間、心電計を体につけて、一日中の心臓の動きを調べる検査器です。検査データでは、何時どのような不整脈があったか、または、狭心症発作があったかがわかります。

従来のホルター心電計は、一日中身体につけているのが重く、かさばり大変でした。 当院で今回導入しましたホルター心電計は小型で、一日中付けても負担を感じません。
もし、何らかの動悸、胸痛またはめまいを感じるようでしたら、重大なことになる前に、一度24時間心電計検査(ホルター心電計)をお勧めいたします。